メゾンドネコ・トッページへ
プロフィールへ サイトについてへ
メゾンドネコ:アトリエ タイラ:松の子ピノ
SHOPS
Tシャツページへ
ECOページへ
クラフトページへ
その他のグッズページへ
オーダーメイドページへ
オーダーページへ

ROOMS
マンガページへ
図書館ページへ
写真館ページへ
アトリエタイラページへ
ゲストページへ

TOP | 1枚の絵本 | ドドンガドン | 松の子ピノ

創作絵本『松の子 ピノ 〜音になった命〜』原画集

画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。



創作絵本『松の子 ピノ 〜音になった命〜』


「松の子 ピノ」は下記サイトから
ご購入頂けます。

小学館hontoネットストアe-hon
セブンネットブックサービス
TSUTAYAオンライン紀伊国屋書店
楽天ブックスHonya-Club
amazon
《内容》
七万本の松原からたった一本、津波に耐えて残った陸前高田の一本松。一本松は震災で被害に遭われた人たちのみならず、世界中の人びとの復興への希望の象徴でした。バイオリン制作者の中澤宗幸氏は、流された松でバイオリンを作り、鎮魂の演奏会を開催しています。詩人の北門笙氏は、この一本松と中澤氏の出会いをモデルに一編のファンタジーを生み出しました。

《あらすじ》
松の子どもピノは、突然の津波で親や友達を失い、悲しみの中、孤独な毎日を送っていました。一方、バイオリン作りの名人のおじいさんは、その流された松の木でバイオリンを作ろうと思い立ちます。ピノとおじいさん、二人が出会い、そのバイオリンが奏でられるとき、北の海辺に奇跡がおとずれます。

《著者》
・北門笙(キタカドショウ)、文・・・1953年名古屋市生まれ。詩人。財団法人活動としてオペラの振興にも力を注いでいる。詩集『ひふみよ』(ポプラ社)
・たいらきょうこ(タイラキョウコ)、絵・・・宮城県出身。イラストレーター、デザイナー。世界の名作シリーズ(小学館)、よみきかせシリーズ(成美堂出版)他。

定価 1,680円 (本体 1,600円)
発行 小学館
編集担当:苅谷昌利
小学館 出版局/101-8001 東京都千代田区一ツ橋2-3-1
TEL:03-3230-5631/FAX:03-3230-2527



Copyright © Maison de Neko. All right reserved.